アンダーヘアの処理(お手入れ)方法

実はみんな悩んでいるアンダーヘア事情

彼氏にボウボウだと指摘された、プールにいったらビキニからはみ出ていた、温泉にいったら友達がアンダーヘアを綺麗にお手入れしていた・・・

 

ほとんどの女性は、アンダーヘア処理をした経験があります。
しかし、どのような処理の仕方がいいのか、よくわからないという人も少なくありません。

 

当サイトでは、自宅でできるアンダーヘアの処理方法を紹介しています。
タイプ別のアンダーヘア処理法診断や、自己処理の注意点などぜひ参考にしてくださいね!

アンダーヘアを自分でお手入れする方法

どのような処理法があなたには合っているのか?簡単な質問でわかります。

↓あなたに合ったアンダーヘア処理方法はこれ↓

アンダーヘア処理適正診断はこちら

 

アンダーヘアを自宅にて自分で処理をする場合、昔ながらのカミソリやシェーバーで剃る、毛抜きで抜くなどの他、除毛クリームやワックスを使用するなどの方法があります。

 

しかし、アンダーヘアはデリケートゾーン。
自己処理の方法によれば、大変な肌トラブルにつながる可能性があります。。

 

下記のようなトラブルを聞いたり経験をしたことがありませんか?

 

肌荒れ(出血、かぶれ等)
肌が黒ずんでしまった(色素沈着)
陰毛が肌の中で埋もれる(埋没毛)

 

自己処理を行う場合は、デメリットやリスクをしっかり理解した上で、適切に行うようにしましょう。

 

誤った自己処理によりデリケートゾーンが黒ずんでしまったら・・・

 

カミソリ・シェーバーによる剃毛処理

アンダーヘア,自己処理,脱毛

カミソリやシェーバーでムダ毛を剃るという昔ながらの方法で誰でも手軽に行うことができます。一度に広範囲の処理を行うことも可能で、カミソリ自体も比較的安価であることから多くとられている方法でしょう。最近は、女性向けの専用カミソリやシェーバーも種類が増え、より手軽に選択することができるといえます

 

しかしその一方で、剃るという行為はカミソリの刃で肌を傷つけることになりますので、お肌への負担は非常に大きく、トラブルの原因に!

 

メリット

比較的安価に誰でも手軽にできる
一度に広範囲の処理ができる

デメリット

肌への負担が大きい(肌荒れ・出血など)
処理後の肌の黒ずみ(色素沈着)
表面を剃っているだけなので、頻繁に処理が必要
処理後の毛がチクチクし、太く見える

 

 

ハサミによるカット処理

アンダーヘアの毛足が長くボザボザの場合、ハサミでカットすることで長さは短くすることができます。ビキニラインからはみ出してしまう部分もカットすることで処理することもできますが、髪の毛同様、毛をカットしているだけなので、毛自体が無くなるわけではありません。伸びてくれば繰り返しカットをする必要があります。

 

メリット

簡単に毛の長さを短くできる

デメリット

カットするだけなので、毛が無くなるわけではない
断面が鋭角なので、チクチクする
下着から尖った毛先が飛び出てしまう

 

尖った毛先を丸くするため、古くはお線香を使って毛先を焼いていました。
今では、熱線で毛を焼き切る「ヒートカッター」というものもあります。

 

ヒートカット方式のVライントリマーのオススメはこちら

 

Iラインとお尻周辺のムダ毛処理にオススメはこちら

 

毛抜きによる処理

毛抜きも古くから行われているムダ毛の処理方法です。剃るのとは違い、毛根から抜くわけですから処理の頻度は少なくなります。チクチクすることもありません。

 

しかし、一度に処理に相当の時間がかかりますし、抜く際の痛みが伴いますので、特にデリケートゾーンであるアンダーヘアの場合、ストレスが大きくなります。また、抜いた後の毛が生えてくる際に皮膚の表面に出てこない「埋没毛」になるケースも多く、一度埋没毛になるとなかなか治すことは難しくなります

 

メリット

毛を抜くので、処理の頻度は少なくなる
毛抜きがあれば良いので、安い

デメリット

抜く際に痛みが伴う(デリケートゾーンの場合特に)
処理の相当の時間がかかる
埋没毛になるケースが多い

 

除毛クリームによる処理

除毛クリームは、ムダ毛部分を覆うように塗り、一定時間後にシャワーなどで洗い流す方法。表面のムダ毛を溶かす形で除毛します。一度に広範囲の処理ができますが、表面の毛を処理しているだけなので、すぐに生えてきてしまいます。

 

また、毛を溶かす作用があるので、肌にはかなり強い刺激があり、除毛後のケアが必要となります。

 

そのため粘膜部分の使用には適さずアンダーヘアのIラインなどにはお勧めできません

 

最近では、デリケートゾーンでも脱毛可能とうたっているものもありますが、自己処理の場合他の方法を選択したほうが良いでしょう。

 

脱毛ワックスによる処理

ブラジリアンワックスなど海外ドラマなどの影響で認知度が高まりましたが、海外のセレブなどでよく使われる方法です。非常に粘着力の高い脱毛用のワックスをデリケートゾーンに塗り、一気に剥がすことで毛根から脱毛する方法です。

 

広範囲のムダ毛を一気に処理することができ、毛根から抜いてしまうのでしばらくは生えてきませんし、チクチクすることもありません。
しかし、広範囲の毛を一気に抜くことになりますから、相当の痛みを伴うことになります。また、埋没毛の原因になることも想定されます。

 

楽天で3冠達成の人気No.1、ブラジリアンワックスはこちら

 

家庭用脱毛器がなぜ選ばれるのか?

アンダーヘアの処理をするのに、やはりサロンに行くのはどうしても抵抗がある、時間がないという方も多くいます。

 

そういった方々の中で、家庭用脱毛器が大人気です。

 

最新の家庭用脱毛器はサロンと同じレベルの効果が自宅で得ることができ
VIOはもちろんのこと、顔の脱毛まで全身ムダ毛処理が出来てしまうという高性能ぶり。

 

お値段も、昔に比べれば大分安価になり、サロンに通うことを考えれば、好きな時間に自宅で脱毛ができるというメリットから多くの若い女性や男性までも購入をされる方が急増しています。

 

1台購入すれば、家族で使えるということもコストパフォーマンスがいいという方もたくさんいらっしゃいますね!

 

サロンはやっぱり恥ずかしい、誰にも知られずムダ毛処理したい、綺麗に自己処理したい

 

という方は家庭用脱毛器を利用されるのが圧倒的に多いです。

 

【家庭用脱毛器売上No.1・ケノンの場合】

メリット

肌への負担が格段に少ない
色素沈着や埋没毛の心配がない
顔からVIOまで全身OK
人目を気にすることなく自宅で脱毛サロンのような脱毛ができる
ランニングコストが他の方法に比べ少なく、コストパフォーマンスが断然よい
お好きな時に好きなだけ手軽に脱毛できる
家族で使える

デメリット

購入代金がかかる(月々3,000円から購入できます)
カートリッジの交換が必要(業界最安・1ショット0.0185円)

家庭用脱毛器で売上・人気とも断トツ!ケノンの魅力!

楽天ランキングで158週連続第1位(2025年3月25日現在)更新中で、年間家電ランキング第1位という圧倒的人気の家庭用脱毛器をご存知ですか?!

高性能脱毛器【ケノン】

ケノン

【ケノン】はアンダーヘア(ビキニラインだけでなく、Iライン、OラインOK)や顔も含めた、まさに全身に使用可能!美容外科医も認める高性能脱毛器です。

 

カートリッジは132000発で1ショットあたりのコストは0.05円でコスパが非常に良いと高評価です。照射面積が大きさ、処理速度、それに美顔機能があるところも高評価の理由。

 

いつでも好きな時に脱毛ができ、家族で使えばさらに経済的!購入すると次の日にはお手元に届きますので、今まさに脱毛したい理由がある人にも嬉しいですね!

 

ここでは挙げきれないほどの選ばれる理由やクチコミの数々は、公式ページで見ることができます。

 

今なら月々3,000円で買えるチャンス!お見逃しなく!

▼▼▼ ▼▼▼

公式サイトはこちら

彼氏も〇〇〇〇!

よく、男性のヒゲの話をききますよね?

 

〇〇さん、ヒゲの剃り跡が青々としてて不潔にみえるよね~。
カミソリでヒゲソリした後が、出血してて怖い。。などなど

 

実は女性のアンダーヘアも同じ

 

処理後が色素沈着してしまっていたり、
肌が荒れてしまっていたり
処理が甘かったり・・・

 

それを見て彼氏がドン引きする、なんてことも
これからは当たり前の時代なんですね。

 

アンダーヘアの処理は、サロンだけではなく自宅でもできます。

 

しかし、毛の濃さや量は個人差があるもの

 

自己処理の方法はいろいろありますが、
自分の毛の量や肌質などを考慮したうえで
適切な方法を選択する・・・

 

後あと後悔しないためにも、必要なことですよ。