アンダーヘア自己処理のデメリット

一番のデメリットは、お肌への影響

アンダーヘアの家庭でできる自己処理の方法をいくつかご紹介しましたが

 

そこでも記したとおり、どんな方法でもデメリットは存在します。

 

その中でも一番のデメリットとなるのは、何といってもお肌のトラブルではないでしょうか。

 

特にカミソリやシェーバーでの処理の場合は、お肌へのダメージは一番大きいといえます。

 

たとえば、男性の場合、ヒゲ剃りをカミソリ等で行う人が多くいるわけですが、カミソリ負けして出血していたり、どうみても肌へのダメージが見られる人を電車の中などでも多く見かけますよね?

女性

 

やはりカミソリはお肌を引っ掻きながら毛を剃るので当然ながらダメージが大きく、特にお顔やデリケートゾーンのように肌が弱いぶ部については、なおさらダメージが大きくなるわけです。もちろん、それが積み重なれば、お肌の黒ずみ、色素の沈着へとつながっていってしまいます

 

せっかくアンダーヘアのお手入れをしたのに、痛々しい感じだったり明らかに黒ずみがひどいと、ちょっと残念ですよね・・・

 

それから、カミソリや毛抜き処理で多く見受けられるのは、埋没毛(もぐり毛)です。これは一度なってしまうと、次に処理をした後も同じように埋没してしまうことが非常に多いです。こうなると非常にやっかいでなかなか治すことは難しいです。

 

脱毛クリームはこれらのデメリットは回避できるメリットがありますが、基本的に肌に刺激が強い商品が多いので、デリケートゾーンへの使用はよほど肌が強い人、それでもある程度はリスクを覚悟しながらの使用になってしまいます。アンダーヘアへの使用はなるべく避けるべきでしょう。

 

 

>>お肌へのダメージを考えるなら、人気の家庭用脱毛器♪

 

>>やはりプロに任せたいなら脱毛専門サロン♪