Iラインの自己処理は注意が必要

Iラインの自己処理は特に注意が必要です!

アンダーヘアの処理には、Vライン、Iライン、Oラインとありますが
Vラインとは異なり、Iライン、Oラインは処理のハードルは高くなります。

 

特にIラインについては、女性器の粘膜部分付近となるため、自己処理を行う場合は注意が必要です。
今回は、Iラインの処理についての注意点や処理方法を解説します。

 

Iラインは肌トラブルが多い

Iラインとは、女性器に沿うラインのこと。
粘膜部分になるため、非常にデリケートな部分です。

 

アンダーヘアの自己処理で脱毛を行う場合、毛抜きやワックスで抜いたりカミソリで剃ったりする人も多いですが、これらの方法は、Iラインに関しては特にお勧めできません。
粘膜部分については、肌トラブルにつながる危険性が高く、刺激を与える処理方法は避けたほうが良いでしょう。

 

毛抜きでムダ毛を抜いた場合、陰毛は毛が太いことから脱毛した後が大きく開き、その後毛が生えてきたときに「もぐり毛」となってしまうことが多いです。
また、一度もぐり毛になってしまうと、その後治すことは困難となり、長く悩むことになる危険性もあります。

 

また、脱毛ワックスなどは毛を溶かす成分から肌への刺激が強すぎ、特にIラインの粘膜部分には悪影響を及ぼします。

 

Iラインの自己処理方法は?

Iラインをどうしても自宅で自分で処理したいという場合は、「短く整える」という方法が良いでしょう。

 

毛は短く綺麗に整えることで、見た目の清潔感もあがります。
Iラインの毛を抜かないまでも、短く綺麗に整えるだけで印象は全く変わりますよ。

 

ヒートカッターが便利

Iライン自己処理の場合、短く整えるという方法が最もオススメですが、
ただハサミでカットをすると、毛先が尖ってしまうのでチクチクしてしまいます。

 

この状態だと、自分がかゆみに耐えられないという問題もありますが、彼とのセックスの際に指摘されることも。。
実際、男性の意見としても、このチクチク感は評判が悪いです。

 

このチクチク感を無くすためには、毛先を丸くすればよいわけですが昔であれば火のついたお線香で毛先を焼くということが一般的だったようです。
しかし、この方法だと正直かなり面倒ですよね?

 

今は、ヒートカッターという便利なものがあるのをご存知ですか?
ヒートカッターは、陰毛を挟み、熱により毛をカットするというものです。
熱によりカットしますので、カットされた断面が鋭角にはならず、チクチク感を防ぐことができるのです。

 

値段的には数千円で購入できますので、線香を継続的に購入していくよりコストパフォーマンスもいいですね。
簡単に処理が出来ますので、Iライン自宅処理派であれば検討してみることをお勧めします。

 

 

>>あなたにピッタリのアンダーヘア自宅処理方法診断

 

エステサロンに行くことも

繰り返しになりますが、Iラインの毛を抜いたり剃ったりする自己処理方法は、肌トラブルの危険性が非常に高くあまりお勧めできません。

 

しかし、短く整えるのではなく、やはりツルツルにしたい!
もしあなたがそう希望されているのであれば、自己処理ではなく、脱毛エステなどの脱毛のプロに任せるのが良いでしょう。

 

もともと自宅でのアンダーヘアの自己処理を希望される方は、「恥ずかしい」、「予算的にかけたくない」という方が多いですが、Iライン処理のリスクと処理の仕上がり希望を考えてみたほうがよいでしょう。

 

肌トラブルが起きてしまってから後悔しても遅いですからね。

 

>>脱毛エステを選ぶポイントは?